LINE@
オンライン留学サポートセンター
留学費用をもっと安く。無料留学情報、無料留学相談、実績のオンライン留学サポートセンターで安心留学
海外進学 高校生の留学 中国留学 海外生活 留学サポートセンター
語学留学トップ 留学体験談 アメリカ ニューヨーク M.Kさん
イベントセミナー予約 無料メール相談 無料来室カウンセリング予約

留学体験談

現在留学中 / 留学終了後帰国した方の体験談をご紹介させていただきます。

用意した留学費用総額 17万円
そのうちの現地でのお小遣い US$920
※授業料、滞在費用、食事を除いた

アメリカ ニューヨーク
M.Kさん (30歳代前半、女性)

2010年12月〜 2010年12月


学校について
学校名 Embassy CES NY
コース名 TOEFL 
クラスの人数 平均6人くらい(クラス内の日本人1人)
クラスメートの国籍 ロシア、スイス、フランス、メキシコ、韓国
授業の良い点は? TOEFL用に長文のリーディング素材、ヒアリング素材を用いて、トピックスのディスカッションや単語、文法の説明などをしてもらえたこと。英会話の授業ではなく、しっかりとした英語の授業が受けられたこと。
授業の悪い点は? 周りのレベルが高いので、長文読解やヒアリングの解くスピードやディスカッションについていくのが大変だったこと。
どんな課外活動に参加しましたか? クリスマスマーケットプレイス観光、クロッコダイルピザでの飲み会、ジャズクラブでのジャズ鑑賞会、ニューイヤーズイブパーティ
学校の施設は? 特筆すべきは、SmartBoard!電子黒板で板書がこんなにストレスフリーになるとは!おまけにPC直結でYouTube見放題!!教室は普通の語学学校同様ですが、SmartBoardの効用でどんな最新鋭設備の大学よりもよい授業のように思いました!!!そのほか自習用にPCやネット環境が完備。無線LANカード付のノートPCを持っていればとても便利です。昼食などや周りのスタバやコーヒーショップで十分。ベンダーではどれも平均1ドルでスナックとコーヒーが買えるのは日本よりお安い。
学校周辺の治安は? ニューヨークの34St(PenStation)近く、7thAvenueにあるので、とてもにぎやかで、治安は悪いとは思いませんでした。ニューヨークの治安が悪いというのは今は昔の話とまでは言いすぎでしょうか。
生活について
滞在方法 学生寮
通学費用・方法と時間 約US$25/週 ・電車
約20分
滞在先の良い点は? 学生寮ですので、勉強に専念できます。とにかく静かでした。自分で環境整備に努めれば住み心地はどんどんよくなります。
滞在先の悪い点は? キッチンはもちろん電子レンジ、ポットすらありません。冬季に長期滞在するのなら、現地でポットなどを調達するか、日本から持っていったほうがよいかと思います。温かいコーヒーやお茶を自室で飲めないのは不便でしたので、湯沸しもできる20ドルの電磁調理器を2人で買いました。
滞在先周辺の治安は? ハーレム地区が近くにあり、夜に帰り道に歩くこともありましたが、日本でよく聞くような治安の悪さを感じるほど、雰囲気自体は怖くありませんでした(雰囲気は出身地元の商店街を思い出しました)。ただし雰囲気ですので、実際は気をつけたほうがよいとは思いますが。
計画になかった思わぬ出費は? 日本で既に支払っていた空港出迎え費用について、現地で出迎えにきた運転手に90ドル程度支払ってしまったことです(当初は満額197ドルを要求されましたが)。空港出向かえの方とのコミュニケーションにはほんとうに気をつけてください!!!まず、声をかけてきたら、「私の名前を知っていますか」と最低限心を落ち着けて聞いて手配した業者と間違いがないかどうか確かめてください!!入国手続に時間がかかって到着時刻より大分遅くなったので、出向かえがいるかどうか不安になっているところに怪しげな業者が付け込みます。その上で、コミュニケーションできるようなら、「費用はもう払っているのでここでは支払いませんが聞いていますか」と聞いてから乗り込むようにしましょう!!乗り込んでしまってからはもう遅いです。どこに連れて行かれるか不安でいっぱいになります。また、同乗者がいるからと、途中で現地男性などが乗ってきたので、もはやここまでかと思いました。悪質な方ではなくてよかったです。
日本から持参して約に立ったものは? 学生寮で、食事は全部自分で調達しなければならなかったので、多めに持っていったバランス栄養食がおやつや朝食代わりになってよかったです。
その他、現地の感想やこれから留学される方へのアドバイス等
クリスマスシーズンのニューヨークを経験できてよかったです。 お買い得セールの気前よさには円高でなくても買い物心がくすぐられます。 文化の違いも鮮明です。12月25日が日本の正月で、12月31日が日本のクリスマスのような感じでした。家族で静かに過ごしてどのお店も閉まってしまうのがクリスマス。年越しはにぎやかに仲間で騒いで朝まで過ごす。年甲斐も無く、クラブで年越しをしてしまいました。 また、日本の存在感が中国や新興国におされ気味とは言いつつも、タイムズスクエアの電光掲示板やロックフェラーセンターのショーウィンドーに飾られる液晶テレビは日本製。しっかり日本ブランドが息づいていることに、アメリカには一度は足を運ぶべきだと考えを深めました。 学校ではブラジル人や韓国人が大半でした。いずれのかたもとても英語学習に熱心で上手にでしたので、周りのレベルの高さに国内のTOEIC700点越えを狙っている場合ではないと思いました。たとえ聞き取れなくても、得られた情報から周りを見渡して、状況を推測、把握して自分の意思を表示できることがまず第一。当初はこれだけで頭がぼやーとするほど体力と気力を消耗しました。これも一種の語学力だと思います。いろんな場所に出かけていって知らない人としゃべることが得意な人ほど、状況推測力がある気がするので。こなれた会話を早くしたいなーと思っているうちに滞在期間が過ぎてしまったのが残念でした。

留学体験談一覧へ戻る >>>

ページ先頭へ戻る
>